「お使いのパソコンの性能が低下しています」というポップアップが出る

2014-06-20 この記事のPVがえらい増えてるので、内容をすこし詳しく改訂。

知人から「ネットを見てると変なポップアップが出るようになった」という相談を受けたのでその顛末を。

環境はWindows7(SP1)+InternetExplorer9。
症状をしてはネットを見ていると、こんな感じのポップアップがパカパカ出てくるというもの。

popup

お使いのパソコンの性能が低下しています
Windowsのエラーを直ちに修正してください
リペアツールをダウンロードする

他にも、YouTubeを見に行くと「スパイウエアを検出しました」てな内容の表示がワサワサ出てくる。

まずはまとめページをチェック

最近まったく同じ相談を数件受けていて、「あーまたアレか」と思った。
これまでのパターンでは、以下のサイトの内容をチェックすることで解決できた。よくあるこのテの詐欺ソフト、広告ソフトの対処方法が挙げられている。

同様の症状に悩まされて検索でこのページにたどり着いた人は、まずは以下のページの内容を確認することをおすすめする。

それでもダメな場合

私が相談を受けた知人の場合は、上に挙げたページの方法では解決しなかった。
「アンインストールするように」と指示されているソフトがひとつもなかったのである。
以下はその情況での対処の一例になる。

コントロールパネルのプログラムの一覧に見当たらなかったので、「IObit Uninstaller」を入れて探してみた。
これはプログラムの一覧に出てこないアプリもリストアップしてくれたり、うまくアンインストールできないソフトも強制的に削除してくれるソフト。

これでリストアップしてみたが、やはりそれらしいソフトがない。一覧からあまりなじみのない名前のソフトを片っ端から調べ、悩んだ末、以下の2つのソフトを IObit Uninstaller でアンインストールした。

  • AutoComplete Pro → ググってみたら「アドウエアだ」という結果が多かった。
  • Research → 名前が単純すぎてあやしい上に、「発行元」の欄がカラだった。

その後再起動し、ブラウザのキャッシュを削除したら直った!
結局2つのどっちが真犯人だったのか解らなかったのが引っかかるが、とりあえず良しとする。

残った謎と予防措置

気になるのは「AutoComplete Pro」はFirefoxやChromeの拡張機能として入ってくるようなのだが、今回のユーザーはFirefoxはインストールしておらず、Chromeもインストールしてはあったが使ったことはないそうだ。
事実、Chromeを起動して拡張機能を見てみたがカラっぽで、「AutoComplete Pro」も当然無かった。

……感染経路が結局謎だ。
Javaの脆弱性を突いて感染するタイプかも知れないので、対策としてJavaをアンインストールしてもらった。
昨今の状況では「どうしてもJavaで動くソフトを使わねばならない」という状況になるまで、Javaはインストールしない方が良いだろう。Javaの脆弱性を突くマルウエアも、そもそもパソコンにJavaが入っていなければ感染しようがないので。

さらに、InternetExplorerのアドオン一覧から、Javaっぽいやつを全部無効or削除。

Flashのアップデート(自動アップデートになっていたので大丈夫だとは思う)と、WindowsUpdateもチェックしてもらってとりあえず終了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


5 − 1 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>